冷蔵庫の歴史

冷蔵庫はまず生魚の保存に利用されたのである。家庭用として普及しなかったのは日本では氷を夏の飲み物としてしか使っていなかったためである。飲み物としては平安の昔からオンザロックやかき氷にしたり、削って甘葛を掛けたりして食べていた。もちろん冬の氷を氷室で蓄えておいた天然氷である。

氷を食物の防腐に用いていることを知ったのは、明治になって初めてである。横浜で輸入品を扱う仕事をしていた中田喜兵衛が欧米での氷の役割を知って、函館五稜郭の氷を東京に運んできて明治4年ごろ売り出したのが本格的な氷販売の最初である。この時の宣伝は「西洋諸国では各種病気に用い、また魚類・獣肉・牛乳などすべて腐敗しやすいものに氷を添えておけば、いつも新鮮である」というもであった。

明治10年代に入ると人造氷の製造が始まるが、まだ氷水用だった。魚の輸送などに利用されるようになるのが明治30年代、国産の冷蔵庫が発売されたのは明治41年である。それでも冷蔵庫の普及は進まなかった。高価だったこともあるが、魚貝が中心の食事で、しかも新しい魚が簡単に手に入るためさして必要を感じなかったのである。氷冷蔵庫が普通の家庭にまで行きわたるようになったのはやっと第二次大戦後の昭和30年代である。

一方、電気冷蔵庫も昭和5年に国産がはじまっていた。だが当時は家が一軒建つほどの金額だったこともあって、ごく特別なものであった。電気冷蔵庫が一般家庭にまで普及したのもやはり昭和30年代からである。つまり氷も電気もほぼ同じ時期だったのである。それが50年代に入ると電気が氷を圧して急速に伸び、53年にはついに普及率99%に達した。

電気冷蔵庫が氷冷蔵庫と大きく違う点は製氷機能があることである。しばらく前、新聞にこんな投書が載った。
電気冷蔵庫が初めて届いた日のこと、明治7年生まれのお祖母さんが「氷がどこに入れるのか」と聞くので「氷は入れなくてもこの製氷室でできるのよ」と説明したところ、「ああ、その氷で冷やすんだね」と納得していました。若い方にこの面白さが分りますか?というのである。
さてあなたはお分かりになりますか?

卓上型 木製 木曽桧 氷冷蔵庫 種箱8ヶ付のご紹介

氷冷蔵庫は上段の氷室に氷を入れ、湿った冷気が下へ流れることで下段の食品(ネタ)を乾燥させることなく冷やし、
美味しく味わうための主役的存在です。


  • 外観は木曽ひのきを使用しております。木曽ひのきは、木目が細かくゆがみや縮みが少ない用材です。また湿度が高いと湿度を吸収し、乾燥すると水分を放出して湿度を調節します。

  • 本体サイズは、間口960x高さ916x奥行510
    卓上に置いて使えすっきりと収まるコンパクト設計です。

  • 上段は氷室になっており2室に分けられています。

  • 下段の2室は種箱が備え付けられていますので食品(ネタ)の出し入れがスムーズに行えます。

仕様について

商品名 卓上型木製 木曽桧 氷冷蔵庫 種箱8ヶ付
寸法 間口960x高さ916x奥行510
商品価格 1,400,000円(消費税別)
お問い合わせの際は、「ホームページを見た」とお伝えください。
用途 主に鮨店、日本料理店でご利用いただけます。
主な特徴 氷室に入れた氷の冷気が下へ流れることで種箱の食品(ネタ)を冷やし、乾燥させることなく美味しく味わうための主役的存在です。
取扱いの注意 安定した台(高さ800位)の上に載せてください。下部に排水設備が必要です。
メンテナンス方法 毎日の営業終了後、氷を取り出し扉を開けて乾燥させてください。

ご購入について

「卓上型 木製 木曽桧 氷冷蔵庫 種箱8ヶ付」は株式会社アサクラにてお求めいただけます。
購入を検討されている方、ご不明な点などございましたらぜひ一度ご連絡ください。
また直接ご覧になり、ご説明をお聞きになりたい方も承りますのでご遠慮なくご相談ください。

お問い合わせ先

販売元 株式会社 アサクラ
所在地 〒135-0021 東京都江東区白河3丁目4番3-2205
TEL 03-3641-6481
FAX 03-3641-6482